月経前症候群(PMSとは)

PMS(月経前症候群)とは、生理の1〜2週間前から現れる女性特有の症状のことです。

この症状は、生理の始まりと共に自然に消滅します。

主な症状として、下腹部痛や、胸が張ることによる乳房痛やむくみなどがあります。
そのほか、生理前 偏頭痛という特殊な頭痛症状を引き起こす事もあります。
この生理前の頭痛は市販の薬で対処するという方法があまり有効ではない事は余り知られていません。

また、その時期だけ食欲が増したり、眠気が強くなったりと様々な症状があり、人それぞれに現れる症状も異なります。

その他にも、集中力が低下したり、何もする気がおきない無気力に襲われたり、パニック状態や人によっては孤独感を感じたりと、精神的な症状が現れる場合もあります。

また、PMSは性格にも関係があり、真面目で几帳面な人や、自分に厳しく我慢強いなど、普段からストレスをためやすい人にそれらの症状が出やすいと言われています。

このような身体的や精神的な症状の原因には、ホルモンが強く影響していると考えられています。
女性の健康状態は、ホルモンに左右されると言われるほど、女性にとってホルモンはとても大切なものです。

毎月の生理周期は、低温期と高温期に分かれ、それぞれ分泌されるホルモンの種類が違います。
生理開始から排卵までの約2週間の低温期には、排卵に向けて卵子を成長させる卵胞ホルモン・エストロゲンが分泌されます。

そしてその後、排卵し、妊娠が成立した場合に、妊娠を継続しやすいようにする黄体ホルモン・プロゲステロンが分泌されます。
妊娠が成立しなかった場合には、プロゲステロンの作用によって厚くなった子宮内膜がはがれ落ちることによって、生理が起こります。

生理周期を知ることは、PMSを緩和する為にとても有効な方法です。それには、基礎体温を測り、記録することをおすすめします。
最初は慣れないために測り忘れたりすることもありますが、毎朝続けることによって習慣となり、継続することができます。

また、体温と一緒にその日の体調をメモしておくと、1ヶ月ごとの体の変化を把握することができます。
それにより、不快な症状に対して事前に対処することができれば、本来は憂鬱な時期であってもゆったりとした気持ちで過ごすことができるでしょう。